忍者ブログ

親子でラジオ体操!?

老眼が訪れ遠近両用メガネにする時にはメガネの不便さを感じます 

近視でメガネを掛けている際には、慣れれば余り不便を感じる事もなく、最近では格安のメガネショップもあり、ファッションの1つとしてメガネを楽しむ事さえできます。

しかし、近視の人が老眼になり遠近両用メガにになると非常に不便を感じる覚悟が必要です。

近視の人は老眼になりにくいと言うのは間違いで、関係なく老眼は訪れます。

早い人なら50歳過ぎでそうした傾向が出始めます。

近くが見えにくくなり、近視のメガネを外ば少し見えやすくなるため、最初は読書などの時にはメガネを外して凌いでいても、老眼の度が進むと、老眼の矯正をせざるを得なくなります。

そんな時には、遠近両用メガネとなりますが、これが視点を動かして見る必要があり、中々慣れずに不便を感じます。

さらに階段を下る際には、人は足元と少し下を無意識の内に交互にチェックし、安全を確保しているようで、遠近両用メガネを掛けると、これが上手くできずに非常に恐ろしさを感じるものです。

ただ、視力を回復させる方法もあるので
【コチラ】から確認してみてください。

近視の矯正でメガネの人はやがて老眼になると、非常に不便となる事を覚悟して置いた方が良いでしょう。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。